内視鏡検査・処置

 一口に皮膚のトラブルといっても、原因は様々です。 細菌やカビによる感染症、ノミやダニなどの外部寄生虫感染症、アトピー性皮膚炎や食物アレルギー、ホルモンバランスの乱れ、自己免疫疾患、腫瘍など多岐に渡ります。いくつかの要因が重なり合っていることも少なくなく、ひとつひとつ解きほぐすように診ていかなければなりません。

 原因によっては、症状と一生のお付き合いが必要なこともあります。又、治療方法がひとつではなく、さまざまな選択肢が存在することもあります。
顔が一人一人違うように、わんちゃん・ねこちゃんの皮膚の状態にも個体差があります。

 飼い主様、ワンちゃん・ネコちゃんの困っていることを教えてください。その「子」にとってはどのような治療がよいのか?、飼い主さんにとってどの治療方法なら続けられるか?などを一緒に相談しながらよりよい方法を探していきましょう。

皮膚科検査

 皮膚のトラブルを治療するには、まず原因を判定することが非常に重要です。細菌やカビ、外部寄生虫、アレルギーの有無など様々な検査がありますので、ここで簡単にご紹介します。

【ウッド灯検査】
カビの検査です。この器具の光をあてると、M.canisというカビの約半数が、光ります。

【培養検査】
カビや細菌がいるかどうか、どんな種類か、どのお薬が効くかを調べます。近年、犬の皮膚の細菌は、お薬が効きにくい菌も増えています。

【皮膚掻爬検査】
ヒゼンダニや、ニキビダニという虫の検査です。皮膚をこすってとれたものを顕微鏡で検査します。
写真 左)疥癬虫(モルモット) 右)疥癬虫の卵(犬)

【毛検査】
 毛を抜いて顕微鏡で検査します。元気な(伸びている)毛か・お休みしていて抜けるのを待つ毛か、舐め取ってしまったのか・抜けてしまったのか、毛のつくりが正常かどうかを調べます。
また、虫(ニキビダニ、シラミ、ツメダニ)や、カビの増えた毛がないかどうかも調べます。

【櫛試験】
 目の細かい櫛を毛に通して、ノミやノミフンを探します。

【細胞の検査】
 皮膚の表面をテープやガラスを押しつけ細胞を採り、染色液で染めた後、顕微鏡で検査します。表面の雑菌、細胞を調べます。

【皮膚生検】
 皮膚は、表面しか見えません。そこで、皮膚の中を見るために、局所麻酔をして、皮膚を小さく切り取ります。2針程縫いますが、日帰りで処置が可能です(部位、性格により、全身麻酔が必要になることがあります)。結果は、検査機関に提出するため、後日報告になります。

【血液検査】
 腎臓や肝臓、貧血など内臓の検査です。又、アトピーやアレルギーが疑われる患者さんのための血液検査もあります。

【内分泌検査】
 ホルモンの検査です。コルチゾールや、甲状腺ホルモンなどを測定します。

ページトップへ